シンガポール航空

This is the image description.

米国内の空港発着便における遅延対策

当社では、米国内の空港において遅延が生じた場合の対策を適切に実践するよう最善を尽くします。

 

駐機場での遅延

  1. セキュリティまたは安全性の問題が発生した場合を除き、米国内の空港では、お客様のご搭乗機が、お客様に降機の機会を与えずに、駐機場に4時間以上留まり続けることはありません。
  2. ただし、以下の場合は例外となります。
    1. 機長が、悪天候、または航空管制や政府による指示など、お客様の降機に安全性またはセキュリティ上のリスクを伴う懸念がある、と判断した場合
    2. 航空管制が、ゲートへの帰還、またはゲート以外の場所でのお客様の降機が空港運営を著しく妨害すると判断した場合
  3. シンガポール航空は、お客様に以下のことを保証します。
    • ご搭乗機が駐機場に留まり続けている状況においては、お食事や飲料水を提供するサービスが安全性やセキュリティを妨げないと機長が判断した場合にかぎり、ご搭乗機が搭乗ゲートを出発した2時間以内、または着陸から2時間以内に、十分な量のお食事と飲料水を提供いたします。
    • ご搭乗機が駐機場内で駐機中でも、ご利用可能なトイレ施設および必要に応じて適切な治療処置を提供いたします。
    • 遅延の原因が確認されている場合、30分毎に遅延状況についてお客様にお知らせします。
    • 降機が可能な状況下では、30分毎に降機のご案内についてお客様にお届けします。
    • この遅延対策の実践に十分な資源を有します。
    • 当社は、就航地および緊急着陸地の(米国内の)各空港の空港当局、米国税関・国境警備局および米国運輸保安庁の職員と協力し、駐機場内での遅延発生から4時間以内にお客様に降機していただくよう手配いたします。