客室乗務員

シンガポール航空の客室乗務員

タイムレスなエレガンスと、一歩先のおもてなし


シンガポールを象徴するシンガポールガールは、単なるアイコンではありません。シンガポール航空の客室乗務員は、ワールドクラスのサービスをお届けするアンバサダーです。  


シンガポール航空の乗務員は、航空業界で最も包括的なトレーニングプログラムを修了しています。サービスの提供や安全への取り組みに加え、応急手当からワインの知識まで、多様なスキルを身につけます。世界中の様々な人々や文化に接することで、お客様のご要望を一歩先にくみとり、ひとつ上の旅行体験お届けします。


チャンギ空港を歩く客室乗務員

 

ご存知でしたか?

1974年にパリのデザイナー、ピエール・バルマンが生み出した客室乗務員のサロンケバヤは、今日においてもシンガポール航空を象徴するシンボルです。伝統的なアジアのろうけつ染めが特徴で、私たちの伝統に敬意を表すデザインです。

 

客室乗務員のユニフォーム


ケバヤの色は全部で4種類あり、それぞれが女性クルーの役割を表しています。同様に男性クルーの役割も、ネクタイの色に反映されています。