シンガポール航空

flexible-booking

今後の旅行を柔軟に検討いただくために

2021年9月30日までのすべての予約の予約変更手数料が無料に

Covid-19の流行により、旅行プランに変更が生じる可能性があることでしょう。2021年9月30日以前に発行された航空券をお持ちの場合、フライトの予約変更手数料が免除されます。


無期限の日程変更

以下の通り無料で予約変更ができます:

• 2021年9月30日までに変更する場合、回数の上限なく予約変更手数料を免除
• 2021年10月1日以降に変更する場合、一回のみ予約変更手数料免除
 
対象の航空券をお持ちの場合、すべての予約変更手数料が免除されます。新しい航空券との運賃差額がある場合、その差額をお支払いいただく必要があります。ただし、キャンセルには航空券の運賃規約が適用されますので、ご注意ください。
 
ご予約の変更は、元の出発日以前、もしくは航空券の発券日より1年以内で、いずれか早い方の日付までに行う必要があります。例えば、2021年6月15日に航空券が発券された場合、2022年6月15日までに予約変更をする必要があります。予約確認メールに添付されているeチケットのPDFで、航空券の発券日を確認することができます。


旅行の日程または目的地の変更


旅行の日程を変更する場合、予約の管理から新しいフライトを選択してください。

目的地を変更する場合、お近くのシンガポール航空支店、もしくは航空券を購入された旅行会社または第三者のウェブサイトにお問い合わせください。

フライトのキャンセルや国境閉鎖、またはCovid-19の検査で陽性になるなど、旅行ができない場合に、航空券の未使用部分の払い戻しを求めることができます。払い戻しリクエストはこちらから送信してください。


航空券の予約と旅行の延期

無料で予約を変更する際、旅行の日程を気にする必要はありません。以下は、航空券が再発行され、今すぐ予約を変更して2023年にご旅行をする場合の一例です。

1. 航空券の予約
2021年6月、2021年10月の旅行のためにシンガポール航空の航空券を購入。

2. 旅行の延期
2021年8月、旅行を2021年12月に延期。この変更は、予約変更手数料免除の対象です。

3. 旅行の延期(2回目)
2021年9月、旅行を2022年5月に再延期。この変更は、予約変更手数料免除の対象です。

4. 旅行の延期(3回目)
2022年5月、旅行の目的地を変更し、日程を再延期。無料で予約変更できる期間は終了していますが、2021年9月以降も予約を一回無料で変更することができます。選択された新しい目的地に応じて、運賃差額を支払う必要があります。

航空券は、更新された新しい旅程に基づいて再発行され、最大12カ月間まで有効期限も更新されます。有効期限の延長により、最大2023年5月までご旅行を延期できる場合があります。ただし、それ以後の予約に対する変更には手数料が適用されます。



ご利用規約


• 2020年3月5日から2021年9月30日(両日を含む)の間に発券された、すべてのシンガポール航空またはシルクエアーの航空券に対して適用されます。
• 予約変更手数料の免除は、ご出発前に行われた再予約と経路の再選択に適用されます。
• 航空券の運賃規約によっては、運賃の差額が発生する場合があります。
• 航空券の有効期限内にご旅行を完了させる必要があります。
• 元の航空券が再発行された場合、新しい有効期限は、新しい航空券の運賃規則に従い再発行日から適用されます。
• キャンセルをする場合、航空券の運賃規約が適用されます。キャンセル手数料は以下の場合には免除されます。
   -ご搭乗予定のフライトがキャンセルされた場合
   -Covid-19関連の国境閉鎖により、計画していた旅行が不可能になった場合
   -Covid-19の検査で陽性になり、予約していたフライトで旅行することができなくなった場合 


次の旅行に向けてフライトを検索