シンガポール航空

Travelling with pets

補助犬およびエモーショナル・サポート・ドッグ

補助犬(盲導犬、聴導犬など)またはエモーショナル・サポート・ドッグを、特定の条件および出発国、通過国、目的国の規制を遵守する限り、追加料金なしで機内に同伴することが可能です。


補助犬やエモーショナル・サポート・ドッグを連れてスムーズにご旅行いただくために、必要な書類を事前にご用意いただき、少なくとも出発の48時間前までに最寄りのシンガポール航空までお知らせください。

補助犬またはエモーショナル・サポート・ドッグの機内持ち込み

必要書類

制限犬種

特定の目的地に関する制限

シンガポール航空のフライトでは、補助犬を連れてのご旅行が可能です。2023年4月1日(シンガポール標準時間午前0時)より、シンガポール航空では、お客様のエモーショナル・サポート・ドッグを連れてのご旅行ができなくなります。


補助犬またはエモーショナル・サポート・ドッグの機内持ち込み


補助犬は、身体障がいをお持ちのお客様をサポートするために訓練されており、エモーショナル・サポート・ドッグは、精神的な問題を抱えるお客様の情緒的サポートを行います。補助犬またはエモーショナル・サポート・ドッグを機内に持ち込むには、犬が少なくとも生後4か月であり、飼い主の指示で適切に振る舞えるように訓練されている必要があります。また、他のお客様の健康や安全に直接の危害を与えてはいけません。

機内において
小型犬(2歳児の大きさ程度)は、膝の上に乗せることができ、大型犬は、座席の前の床に座っている必要があります。介助犬が座る客室の床には、常に吸湿性がある敷物を敷く必要があります。

また、すべての犬について以下を遵守しなくてはなりません。

- 座席に座らせない
- 常にリードを付けるか、ペットキャリーの中に配置する
- 他のお客様の足元のスペースの邪魔にならないようにする
- 通路または非常口を塞がない  

補助犬またはエモーショナル・サポート・ドッグが制限犬種でない限り、口輪は必要ありません。ただし、口輪を携帯することをお勧めします。

 
 

必要書類


シンガポール航空では、動物輸入規則を遵守し、すべてのお客様の健康と安全を保護するため、補助犬またはエモーショナル・サポート・ドッグを機内に持ち込む際に書類の提示を義務付けています。また、空港でのチェックインの際に、書類の原本を提示する必要があります。

シンガポールを含む特定の国では、エモーショナル・サポート・ドッグが認識されていない場合があります。このような場合、エモーショナル・サポート・ドッグの輸入規則は補助犬とは異なり、ペットの輸入規則が適用される場合があります。

 必要書類 
補助犬
障がいをお持ちのお客様を支援するために訓練されている犬で、盲導犬、聴導犬、介助犬が含まれます。

❏ 輸入、積み替え、または輸出許可証(国別の規則による)
❏ 獣医による健康証明書
❏ 狂犬病予防接種の記録
国際盲導犬連盟(IGDF) または 国際アシスタンス・ドッグ協会(ADI)の加盟組織からの証書
エモーショナル・サポート・ドッグ
精神的な問題を抱えるお客様の情緒的サポートを行うサポートドッグ
❏ 輸入/積み替え/輸出許可証(国別の規則による)
❏ 獣医による健康証明書
❏ 狂犬病予防接種の記録
❏ 出発日から遡って1年以内に、認可を受けたメンタルヘルス専門家によって作成された署名入りの証明書で、以下を記述しているもの:
- 精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)で認められた精神または情緒障がいを持っており、専門家による治療を受けていること
- 航空機によるご旅行や目的地での活動のためにエモーショナル・サポート・ドッグが必要であること
- メンタルヘルス専門家のライセンス情報(発行日、ライセンスタイプ、ライセンスが発行された管轄区および国)
❏ 記入済みのエモーショナル・サポート・ドッグの運搬に関する同意書

フライト時間が8時間以上の場合、補助犬またはエモーショナル・サポート・ドッグが機内で用を足す必要がないことを証明する追加書類を提出する必要があります。

補助犬またはエモーショナル・サポート・ドッグが制限犬種の場合、犬の行動に関する追加書類を提出する必要があります。
 


制限犬種


補助犬またはエモーショナル・サポート・ドッグが以下の制限犬種(雑種を含む)に該当する場合、シンガポール航空では機内に犬を受け入れる前に、犬の行動に関する追加書類の提出を義務付けています。お客様は、必要な状況にて利用できる口輪を所持し、フライト中は犬にハーネスとリードが付けられている必要があります。

制限犬種は以下のとおりです。

● 秋田犬
● ボーアボール
● ブルテリア
● ドーベルマン
● ドゴ・アルヘンティーノ
● フィラ・ブラジレイロ
● ジャーマン・シェパード・ドッグ、ベルジアン・シェパード・ドッグ、イースト・ヨーロピアン・シェパード
● マスティフ(ブルマスティフ、ナポリタン・マスティフ、カネコルソ、ボルドー・マスティフを含む
● ペロ・デ・プレサ・カナリオ
● ピットブル(アメリカン・ピット・ブル・テリア、アメリカン・スタッフォードシャー・テリア、スタッフォードシャー・ブル・テリア、アメリカン・ブルドッグを含む)
● ロットワイラー
● 土佐犬

詳細は、 お近くのシンガポール航空支店までお問い合わせください。.



条件のある空港


目的地の輸出入規制により、以下の目的地では、補助犬およびエモーショナル・サポート・ドッグの機内への持ち込みをお断りしています。

オーストラリア(すべての都市)への到着便
ニュージーランド(すべての都市)への到着便
英国(すべての都市)への到着便
バリ島(DPS)の発着便
ブルネイ(BWN)の発着便
ドバイ(DXB)への到着便
ホーチミン・シティ(SGN)への到着便
香港特別行政区(HKG)への到着便
ヒューストン(IAH)発着便は、マンチェスター(英国)での乗り継ぎが含まれる場合(例SQ51、SQ52)
モルディブ(MLE)の発着便
サンフランシスコ(SFO)発着便は、香港特別行政区での乗り継ぎが含まれる場合(例:SQ7、SQ8)
スリランカ(CMB)への到着便

上記以外の目的地の場合は、目的地の輸入規制を確認し、渡航に必要な書類を所持していることを確認してください。

補助犬(タスクトレーニングされた介助犬)と一緒にご旅行される場合は、輸出入に関する要件が異なる場合があります。機内への同伴が許可される場合があります。目的地の輸入規制をご確認ください。

動物との旅行に関する目的地別の規制や必要書類については、IATA Travel Centreまたは目的地の大使館/領事館にお問合せください。



狂犬病リスクの高い国から米国への犬の持ち込みを一時的停止

2021年7月14日より、米国疾病予防管理センター(CDC)は、CDCにより狂犬病のリスクが高いと分類される国からの犬の持ち込みを一時的に停止します。これには、過去6ヶ月間に狂犬病のリスクの高い国にいた、高リスクでない国の犬も含まれます。CDCによって狂犬病のリスクが高いと分類された国にいた犬を同行で、米国に入国する場合は、免除を申請の上、CDC Dog Import Permitを保持する必要があります。

 

詳しくはこちらを参照ください。