シンガポール航空

新バティック・モチーフ

あたらしいバティック・モチーフ



 

シンガポール航空の客室乗務員が着用する制服「サロンケバヤ」は、1968年にパリのファッションデザイナー、ピエール・バルマンによってデザインされました。その「サロンケバヤ」にも見られる特徴的な絵柄は、マレーシアやインドネシアを含む東南アジアの伝統的なバティック柄をモチーフにしており、繊細な模様とカラフルな色使いが特徴的です。

シンガポール航空の象徴としても長年親しまれてきたそのバティック・モチーフは、この度53年ぶりに新しいバティック・モチーフに生まれ変わりました。

新バティック・モチーフには、ホワイト・コプシア、シーショア・パースレーン、アクアティック・ジンジャーなど、シンガポールの10の花が用いられています。


画像のダウンロードはこちら

 


youtube

サウンド・オブ・シンガポール航空

シンガポール航空の新しい音のシグニチャー、「サウンド・オブ・シンガポール航空」。メインメロディは、新しいバティック・モチーフから着想を得て作曲され、花の色合いが14の音の旋律で表現されています。ラウンジのバックグラウンドミュージックから、機内でお客様をお迎えするサウンドまで、それぞれの楽曲はSpotifyでお楽しみいただけます。

また、楽曲制作の舞台裏の様子を動画でご覧いただけます。

 


youtube

KrisShop

シンガポール航空のオンラインショップ「KrisShop」では、新バティック・モチーフを用いたグッズをご購入いただけます。商品の詳細はこちら

また、クリスフライヤーに登録すると、KrisShopでのお買い物でマイルを貯めることができます。クレジットカード/デビットカードでSGD $1を支払うごとに1.5 KrisFlyerマイルが付与され、貯まったマイルは航空券や次回のお買い物にご利用可能です。

 


シンガポール航空をご利用の方だけに