シンガポール航空

お子様連れの旅行

家族旅行でも、家族に会うための旅行でも、幅広いエンターテインメントや小さなお子様向けのお食事など、お子様には楽しい時間を、大人の方にはリラックスした時間をお過ごしいただけるようお手伝いいたします。
特典
小さなお子様と一緒のフライトの際には、同じ予約内すべてのご搭乗者が無料で事前に標準座席を選択することができます。これにより、ご家族全員が一緒に座ることができ、休日の絆を深めることができます。また、乳幼児連れのお客様には、離陸前に落ち着く時間を確保するために、優先搭乗ができます。
エンターテインメント
子供たちを楽しませてあげれば、飛行機に乗る時のストレスも少しは軽減されます。だからこそ、クリスワールドでは、小さなお子様にも独自のカテゴリーを用意し、魔法のぬりえ体験を提供しています。また、画面を見すぎてしまったお子様には、アクティビティパックもご用意してます。
お食事

ご要望に応じて*、お子様には年齢にあった咀嚼しやすいお食事をご用意しています。上のお子様とご旅行の場合は、ウエスタン、アジアン、ベジタリアンミールからお選びいただけます。小さなお子様は食べることが大好きですか?大丈夫です。ご自身のお食事の持ち込みも可能です。

*予約の管理からオンラインでリクエストしてください。
授乳

機内で乳児を授乳したり、ポンプを使って搾乳することは、すべての母親の権利だと信じています。ご希望であれば、お席で授乳することも可能です。客室乗務員がお客様のプライバシーを守るために毛布をご用意します。

*手動式、電動式のどちらでもご利用可能です。ただし電池の ガイドラインに適合していることをご確認ください。

荷物

お休みの間、乳幼児が快適に過ごせるように、10kg相当の追加受託手荷物が可能です。さらに折りたたみ式ベビーカーとチャイルドシートもお預かりできます。

コンパクトに折りたためる軽量ベビーカーを 機内に持ち込むことができます。シンガポール発の場合は、母乳や乳児食、ベビーアメニティ用に6kgの手荷物許容量が追加されます。他の国を出発する場合、または他の国を経由する場合は、国ごとの制限事項について、最寄りのシンガポール航空オフィスにお問合せください。

予約

シンガポール航空で乳幼児やお子様とご一緒にご旅行される場合は、大人の航空券と一緒にご予約いただく必要があります。また、乳幼児には18歳以上の大人の方が同伴する必要があります。

大人1人に対して乳幼児2人でご旅行される特別なケースでは、乳幼児のうち1人は別の座席で認定されたチャイルドシートを使用し、もう一人は大人の膝の上で乳幼児用シートベルトを使用する必要があります。ご不明点がございましたら、お近くのシンガポール航空オフィスまでお問い合わせください。

フランスからのご旅行や南アフリカで出入国される場合は、追加の書類が必要になる場合があります。 詳細はこちら
座席
フランスと南アフリカの特別な規制
子供の安全を守るために、特定の国では、子供と一緒に旅行する際に追加で書類を用意いただく必要があります。
フランスからのご出発
フランス在住、国籍に関係なく、18歳未満の方が、親または法的保護者の付き添いなしでフランスから出国する際、以下の書類の提出が必要となります。
  • ご本人様名義の有効なパスポート
  • 親または法的保護者の署名がされた出国許可証
  • 出国許可証に署名した親または法的保護者の有効な身分証明書の写し
南アフリカ共和国発着
18歳未満のお子様は、ご搭乗前に追加の書類の提示が必要です。

詳しくは、南アフリカ共和国内務省ウェブサイトをご覧ください。