シンガポール航空

Travelling with pets

ペットとのご旅行

シンガポール航空ではペットを受託手荷物または貨物としてお預けいただくことができます。 ペットの同行には、各国のさまざまな規定があります。お客様とペットそれぞれのスムーズなご旅行のために、出発地、乗り継ぎ地、到着地の現地当局の規定および規制を事前にご確認の上、必要書類の準備を行ってください。

補助犬およびエモーショナル・サポート・ドッグをお連れの場合は、こちらをご確認ください。

* ボーイング737の貨物室は温度調整機能がないため、ペットをお預かりすることができません。


ペットの輸送について

 

受託手荷物として同行する場合

生後3ヶ月以上のペットに限り、受託手荷物としてお預けいただけます。 家庭でペットとして飼われる猫や大半の 犬種をお預かりいたします。出発地・乗り継ぎ地・到着地の現地当局によるその他の規定が適用されることがあります。

 

各国当局の労働安全衛生規定により、ペットとケージの総重量が1個あたりの重量が32kgを超える場合、ペットは貨物としてお預けいただくことになります。

 

 

貨物として輸送する場合

ペットを空調が効く快適なスペースと、貨物室の安全性を確保するために、ご旅行の前にシンガポール航空カーゴオフィス(英語サイト)へご連絡ください。


ご出発前の準備について

 

出発前のチェックリスト

遅くともご出発の2週間前までに、シンガポール航空オフィスにお申し出ください。  その際、ペットに関する以下の詳細をお知らせください。

  • タイプ / 品種 / 性別
  • 名前
  • 年齢
  • ペットの重量
  • ケージの重量
  • ケージの寸法」 (幅x奥行きx高さ)
  • 輸出入許可番号(すでにお持ちの場合) 

 

ご連絡をいただき次第、機内のスペースを確認し、ご記入いただく書類 Release & Indemnity(免責に関する承諾書)の書類をお届けいたします。  最寄りのシンガポール航空オフィスにお申し出ください。

 

 

以下の書類もご用意ください。   

  • 出発地・目的地・乗り継ぎ地の関連当局による輸出入許可
  • 有効な健康診断書・狂犬病接種証明書
  • 出発地・目的地・乗り継ぎ地の関連当局によって義務付けられたその他書類

 

空港でのチェックインの際、上記の書類をご提出ください。

 

 

出発当日のチェックリスト

お客様とペットにとって、ご出発当日の手続きをスムーズに行うために以下の点をお気をつけください。

  • 出発の2時間前*までにチェックインをお済ませください。
  •  Release & Indemnity(免責に関する承諾書)とその他の必要書類の原本をチェックイン時にご提出ください。
  • ペットの健康状態が良好であることをご確認ください。
  • ペットが旅に備え食事と水分補給が良くされていることをご確認ください。
  • ペットをリラックスさせるため、お気に入りのおもちゃをケージの中に入れてください。
  • ケージの外にペットの名前がわかるようにしてください。

 

*米国をご出国の場合、保安審査当局からの要請により、出発の3時間前までにチェックインを済ませる必要があります。


ケージについて

 

ケージはIATA(国際民間航空輸送協会)規定(英語サイト)に沿った仕様である必要があります。  それぞれ機材により高さの最大値が異なります。A350は70cm、A380は60cm、B777は101cm、B787は111cmまでです。

 

ケージは、風通しが良く、耐水性があり、ペットのサイズにあった以下のものをお選びください。

  • 適切なサイズ:  中のペットがターンできるほど十分なスペースがある。自然な姿勢で立ったり、座ったり、横たわれるスペースがある。
  • 換気機能:  最低3面に十分な換気口がある。
  • 餌や水の容器: ケージの外からペットフード、水を補充できる。
  • 施錠: ペットが逃げ出せないようしっかりしたつくりのケージ。  

Travelling with pets

ケージ(奥行き, 幅, 高さ)の最小値の目安は、以下の通り、ペットのサイズによります:

奥行き = A + ½ B

幅  = C x2

高さ  = D

 

A = 鼻先から尻尾の付け根

B = 地面から肘あたりまで

C = 肩幅は肩から一番幅が広い肩の部分まで

D = 通常の状態から頭の先または耳の先まで(いずれか高い方)。

 

ペットが2匹以上の場合、別々のケージが必要となります。生後3ヶ月以上の兄弟の仔犬または仔猫で、体重の合計が14キロ以下の場合は同じケージで構いません。但し、1ケージにつき2匹までです。

 

さらに詳しい情報につきましては IATAウェブサイト(英語サイト) でご確認ください。

乗り継ぎについて

 

他の航空会社へ乗り継ぎのある場合は、当該航空会社のペットの輸送に関する規定に従う必要があります。詳しくは当該航空会社にお問い合わせください。


シンガポール航空は他の航空会社から乗り継がれるペットをお受けできません。

 

他の航空会社への乗り継ぎ

他の航空会社へ乗り継ぎのある場合は、当該航空会社のペットの輸送に関する規定に従う必要があります。詳しくは当該航空会社にお問い合わせください。当社においては他の航空会社から乗り継がれるペットをお断りする場合がありますのでご注意ください。

 

 

シンガポールのペットの輸出について

ペットをシンガポールへ/から輸出入する場合、 Animal & Veterinary Service (AVS)に申請を行ってください。   輸出入許可申請費はAVSに支払われます。

 

 

シンガポールでのトランジット

4時間以上シンガポールでトランジットする場合、猫または犬はAVSの指示により、 Changi Animal & Plant Quarantine station (CAPQ)に転送されます。 ペットの滞在費用は、AVSに支払われます。

料金

 

お客様のペットと輸送用ケージは無料受託手荷物許容量に含まれません。お客様のペットと輸送用ケージの合計重量を超過分とみなし、超過手荷物料金が発生します。超過手荷物の事前購入割引はペットの輸送には適用されません。

 

米国発着便を除くすべてのフライト

ペットと輸送用ケージの合計重量で超過手荷物料金が決まり、別に徴収されます。

 

米国発着便

個数制が適用され、ペットと輸送用ケージは個々に超過手荷物料金が適用されます。

 

シンガポール経由にて輸送の場合、追加料金がかかる場合があります。

条件のある空港

 

ペットの輸送に関する規定や必要書類については、IATA Travel Centreをご参照ください。

 

下記の目的地へはペットを受託手荷物としてお預けいただけません。 詳しくは、最寄りのシンガポール航空カーゴオフィス (英語サイト)にお問い合わせください。

  • オーストラリアへ/からの輸出入
  • ブルネイへ/からの輸出入
  • バリ(デンパサール)へ/からの輸出入
  • ニュージーランドへ/からの輸出入
  • 南アフリカへ/からの輸出入
  • ドバイへの輸送
  • 香港特別行政区への輸送
  • スリランカへの輸送
  • 英国への輸送

輸送制限のある犬種

 

以下の犬種は、航空機の貨物室ではお預かりする事ができません。

  • 秋田犬
  • ボーアボール
  • ボクサー
  • ブリュッセル・グリフォン
  • チャウチャウ
  • ドゴ・アルヘンティーノ
  • イングリッシュ、フレンチ、アメリカン ブルドッグ
  • フィラ・ブラジレイロ
  • ジャパニーズ・チン (ジャパーニーズ・スパニエル)
  • ラサ・アプソー
  • マスティフすべて(ナポリタン、ドーグ・ド・ボルドー含む)
  • ペロ・デ・プレサ・カナリオ
  • ピット・ブル
  • パグすべて(Carlino, Mopshond, Mops Hund, ペキニーズを含む)
  • シャーペイ
  • シーズー
  • イングリッシュ・トイ、キングチャールズ、チベタン スパニエル
  • キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
  • ボストン、ピットブル テリア
  • 土佐犬

狂犬病リスクの高い国から米国への犬の持ち込みを一時的停止

2021年7月14日より、米国疾病予防管理センター(CDC)は、CDCにより狂犬病のリスクが高いと分類される国からの犬の持ち込みを一時的に停止します。これには、過去6ヶ月間に狂犬病のリスクの高い国にいた、高リスクでない国の犬も含まれます。CDCによって狂犬病のリスクが高いと分類された国にいた犬を同行で、米国に入国する場合は、免除を申請の上、CDC Dog Import Permitを保持する必要があります。

詳しくはこちらを参照ください。