シンガポール航空

Non-standard baggage

サイズ超過手荷物

時には、お客様のご旅行に合わせて大きなまたは重い手荷物を運ぶ必要があるかもしれません。ほとんどのスポーツ用具や楽器類は、チェックイン時に受託手荷物としてお預けいただくか、機内へお持ち込みが可能です。到着時に、通常の手荷物とは異なるターンテーブルに受託手荷物が出てくる場合があります。ご不明な場合は空港スタッフにお尋ねいただくか、規格外の荷物のご案内を参照ください。

手荷物が非常に大きい場合や、大量の手荷物がある場合、適用される制限もあります。このような規格外のお荷物の輸送をご希望のお客様は、シンガポール航空カーゴまでご連絡ください。お客様のご要望に添えるよう喜んでサポートさせていただきます。


>シンガポール航空カーゴ


スポーツ用具

ゴルフクラブ、サーフボード、カヌー、スキューバダイビング用具、スキー、自転車などのスポーツ用具は、お客様の無料手荷物許容量に含まれます。無料手荷物許容量を超えるお荷物に対しては、通常の超過手荷物料金が適用されます。


米国発着便をご利用の場合、ほとんどのスポーツ用具はお手荷物1個分として取り扱われます。カヌーは1艇につき、お手荷物2個分として取り扱われます。カナダ発着便をご利用の場合は、お客様のご旅程に適用される手荷物許容量に従ってスポーツ用具の追加料金が決定されます。


シンガポール航空では、32kgを超えるお手荷物は受託手荷物としてお取扱いしておりません。そのようなお手荷物は再梱包していただくか、貨物として別に輸送していただく必要があります。32kgを超えるお手荷物を貨物として輸送を希望されるお客様は、ご出発前にお近くのシンガポール航空カーゴのオフィス までお問い合わせください。

 

スポーツ用銃器

受託手荷物として、スポーツ目的の銃器や弾薬のお預けを希望されるお客様は、お近くのシンガポール航空オフィスまでご連絡ください。

ご旅行される前に、必要な認可やライセンスの取得がすべて整っていることをご確認ください。

また、以下の条件が適用されます。

 

  • 弾薬は銃器から完全に取り外してください。
  • おひとりさまにつき最大5キロの弾薬をお預けいただけます。爆発物や焼夷弾はお預かりいたしかねます。
  • 弾薬は頑丈な箱にしっかりと梱包してください。団体でご旅行する場合は、各々の弾薬を分けてお運びください。また、弾薬が入った各箱/袋/パッケージは、最大限度5キロ以内で梱包してください。
  • 銃器はスーツケースまたは、銃器用の専用ケースに梱包してください。
 
シンガポール発着便または、乗り換え便をご利用のお客様が銃器をお持ち込みになる場合は、こちらからシンガポール警察のライセンスを申請いただけます。
 

楽器

楽器をお持ちになる際は、必ず輸送用に設計されたハードケースに適切に梱包してください。弦楽器の場合は、弦を緩めていただくことをお勧めします。

楽器のサイズと重量に応じて、受託手荷物、追加座席の必要な機内持ち込み手荷物、機内持ち込み手荷物のいずれかとしてお持ち込みが可能です。

受託手荷物

チェロやフルサイズのギターなど、標準の機内持ち込み手荷物の許容量を超える楽器は、受託手荷物許容量の一部としてお預かりいたします。無料の手荷物許容量を超える場合は、通常の追加手荷物料金が適用されます。


追加座席の必要な機内持ち込み手荷物

受託手荷物としての楽器の預け入れを希望されない場合は、追加座席を購入されると、楽器を座席に固定することができます。

以下のサイズおよび重量制限を超える楽器は、追加座席の必要な機内持ち込み手荷物としてお持ち込みいただけません。

  • 127cm(高さ)×45cm(幅)×30cm(奥行き)、および
  • 重量40kg


追加座席の購入をご希望の場合は、事前にお近くのシンガポール航空支店までお問い合わせください。

機内持ち込み手荷物

バイオリンなどの小型の楽器は、機内持ち込み手荷物としてお持ち込みいただけます。これは、通常の機内持ち込み手荷物許容量の一部と見なされます。

機内持ち込み手荷物としてお持ちになれる楽器(ケースを含む)は、長さ、幅、高さの合計が115cm以内で、重量が7kgです。