シンガポール航空

Wheelchairs and other assistive devices

車椅子および他の補助器具

航空機には、座席とトイレ、および車椅子対応トイレへの移動に使用できる機内用車椅子が設置されています。また、お客様がお座席と車椅子の間をスムーズに移動しやすいように、可動式ひじ掛けが用意された座席をご用意しています。


車椅子や他の補助器具の使用を必要とされるお客様は、お早めに旅行の計画をされることをお勧めします。


お客様ご自身が所有する手動または電動車椅子、または杖、松葉杖、歩行器、モビリティスクーターなどの補助器具をご利用の場合、お持ち込みになる補助器具はお客様の無料受託手荷物許容量には含まれません。客室内の通路幅の制限により、車椅子や補助器具は、受託手荷物として貨物室に預けていただくことになります。


お客様の車椅子が湿電池を電源にしている場合、または車椅子をご利用になるお客様が10人以上のグループでご旅行される場合は、ご出発の48時間前までにお近くのシンガポール航空 までお知らせください。


チェックインは、出発の2-3時間前までにお済ませください。


空港において、および優先搭乗時には、当社のスペシャルサポート・サービス担当スタッフが、お客様のお手伝いをいたします。また、機内に設置した車椅子や、機内のトイレへの移動は、客室乗務員がお手伝いさせていただきます。


以下のお手伝いはご提供することができません。

  • お食事をお召し上がる行動自体のお手伝い
  • トイレ内部でのお手伝い、またはお座席での排泄機能のお手伝い
  • 医療サービスのご提供

上記のようなお手伝いが必要なお客様は、付き添いの方(パーソナル・ケア・アシスタント)にご同行いただく必要があります。


非常口付近の座席はご利用になれません。


ご利用の車椅子または補助器具に破損が生じた場合は、必ず発生から7日以内に当社または当社の提携航空会社までお知らせください。破損に関しては、手荷物の紛失と破損 の規定に従って補償されます。シンガポール航空の賠償責任は、当社の 旅客及び手荷物に関する運送約款、ワルシャワ条約、モントリオール条約(適用対象となる場合。変更される場合があります)、またはその他の適用法や規定に準じ定められています。


Crelling Harness社製品やMERU社のトラベルシートなどの特別シート器具は、当社のフライトでご使用いただけます。必要な事前手配については、可能な限り早い段階で、少なくともご出発の5営業日前までにお近くのシンガポール航空 までお問い合わせください。